成功する英語面接

英語面接は、履歴書だけでは表しきれない熱意を伝える絶好のチャンスです。貴方の能力、経験、性格、適応力など、応募する企業やポジションに適しているか否かがチェックされます。英語でしっかりアピール出来るように、面接前にしっかり準備をしましょう。

想定される質問に対する答えを考え、自分を客観的に観察し、自然に英語で表現出来るように練習し、自信を持って英語面接に臨んでください。

面接日までに

  • 企業のリサーチは必須
    会社概要や事業内容などを、ホームページなどで調べます。また、インターネットや新聞などで業界全体や競合する企業などのリサーチも行い、企業に対する知識を深めましょう。こういった前向きな姿勢を見せる事で、企業に興味を持っている事が伝わるでしょう。
  • 面接官に対する質問項目の準備
    面接の最後に、貴方から質問する項目を考えましょう。企業に対する積極的な姿勢を示しましょう。
  • 想定できる答えを準備
    想定できる質問に対して、どう答えるかをまとめましょう。

面接の始めに

Printer

第一印象は非常に重要です。身だしなみを整え、ポジティブに振舞いましょう。自分自身をどのように見せるかによって、あなたの性格や勤労意欲を採用企業にアピールしましょう。
タバコを勧められても決して受けてはいけません。たとえ吸いたくても、丁寧にお断りしましょう。
万一の場合に備えて、履歴書の原本を一部持って行きましょう。あなたの準備力を示す機会にもなります。
握手はしっかり握り、強い意志を示しましょう。
アイコンタクトは重要です。面接官が違和感を感じないぐらいの適度なアイコンタクトをとりながら、受け答えしましょう。
場合によっては、別途必要な用紙に記入を求められることがあります。落ち着いて、未記入の項目がないよう、正確に記入しましょう。
テストが実施される場合もあります。指示がよくわからない時は、質問し、明確にしましょう。
どの面接もあなたの経験となります。過去の失敗から学び、次の面接に活かしましょう。

面接中に

Time
  • 前向きに、元気よく、リラックスして。深呼吸を忘れない。
  • 自分の伝えたい言葉を、はきはきと話しましょう。
  • 質問の意味がよく分からない場合や、聞き取れない場合もあるかもしれません。あやふやにせず、質問を繰り返してもらいましょう。それでも理解できない場合は、貴方が理解した内容を伝え確認します。分からないことを分からないと言える姿勢も大切です。
  • 質問には、簡潔、明確に答えましょう。ただしYes、Noなど一言で答えるようなことは避けてください。質問に対する答えは、貴方をアピールする時間なのです。
  • 返答は常に前向きに。現在あるいは以前の職場についての不満を述べるようなことは避け、常に前向きな返答にしましょう。
  • ほぼ100%、質問があるかどうか尋ねられます。出来る限り、質問を用意しましょう。ここでの質問は仕事、会社、将来のプラン等について質問するようにします。
  • 希望年収を聞かれたら、現在の所得を述べ、標準的なオファーであれば受け入れる意思があることを伝えます。
  • 面接のいい終わり方は、自分の経歴について何か明確ではないところはないか、面接官に確認することです。

面接終了時に

Shake hands
  • 面接に対する謝意を述べ、そのポジションへの興味を再度示し、次のステップを尋ねます。
  • 帰る前に、再び握手をすることを忘れないようにします。
  • 最寄りの駅に着くまでは、面接が続いている気持ちでいましょう。

面接後に

Notepad
  • 不明な点があった場合は、次の面接までに全てクリアにし、学んだ内容を次の面接に活かせるように準備しておきます。採用された人と次点の間には大差がないことが多く、面接から何を学んだかが分かれ目になることもあります。
面接時の自信VSうぬぼれ

面接時の自信VSうぬぼれ

自信を持って堂々と面接に臨むということが成功する鍵になります。面接室に入る際は、あなたがそのポジションに最適だと信じて面接に挑みます。

面接でやっていい事(いけない事)

面接でやっていい事(いけない事)

面接に行く前に、面接でやっていい事といけない事を勉強しておきましょう。

英語面接時によく尋ねられる質問

英語面接時によく尋ねられる質問

英語面接を面接官と話が弾むようなスムーズなものにするには、何よりも準備が必要です。